ここから本文です

八戸で「水道フェスタ」 浄水場見学やステージイベント /青森

6/5(月) 18:50配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 八戸圏水道企業団(南白山台)庁舎および隣接する白山浄水場で6月4日、水道について学び親しむ「水道フェスタ 2017」が開かれた。(八戸経済新聞)

 毎年6月1日から7日までの水道週間に合わせて毎年6月上旬に開かれる同イベント。「あたりまえ そんなみずこそ たからもの」をスローガンに、全国各地で水道をテーマにしたさまざまなイベントが行われる。

 同フェスタでは。ステージイベントで地元小中学生の吹奏楽の演奏やミュージシャンのライブ、アイスホッケーチーム「東北フリーブレイズ」のPRコーナーや抽選会などが行われた。普段見ることが少ない浄水場見学やはしご車体験、起震車体験なども行われ、大人も子どもも興味深そうに眺めていた。水道管を利用して水鉄砲を作るコーナーにも多くの子どもたちが参加していた。

 当日はあいにくの雨で、地元白山台中学校吹奏楽部は楽器が雨にぬれるのを防ぐため、急きょ庁舎軒下に場所を移して演奏。部員のダンスも取り入れた元気な演奏に観客から暖かい拍手が送られていた。

 ステージイベントに参加した同中学校吹奏楽部の髙橋翠さんは「雨が強く軒下での演奏になったが、たくさんの方が演奏を聴いてくださりとてもうれしい。7月にコンクールがあるので。それに向けた練習を頑張る」と笑顔を見せる。

みんなの経済新聞ネットワーク