ここから本文です

WWDC 2017開幕直前 今年は“すごいこと”が発表されるらしい?

6/5(月) 16:36配信

ITmedia PC USER

 米Appleは世界開発者会議「WWDC 2017」(以下、WWDC17)を6月5日~9日(現地時間)、米カリフォルニア州サンノゼで開催します。6月5日(日本時間6日午前2時)の基調講演はライブストリーミング配信が予定されており、視聴ページもすでにオープン。例年通りであれば、今年もmacOS、iOS、watchOS、tvOSの次期OSについて発表される見込みです。

【Siriさんに聞いてみた】

 新OSに加えて、iPad向けのプログラミング学習アプリ「Swift Playgrounds」についても時間が割かれるでしょう。Appleは1日、Swift Playgroundsでドローンやロボット、楽器の制御ができるようになると発表しました。この新機能を搭載したバージョン1.5は、WWDC17の初日となる6月5日からApp Storeで提供が始まるため、何らかのコメントがあるはず。

 新製品については「MacBookシリーズがアップデートされる」や、「iPad Proの新モデルが出る」、「今盛り上がっているスマートスピーカーをAppleも発表するんじゃないか」などとウワサされています。

 本当のところはどうなのかSiriに聞いてみたら、「すごいことが発表されます」とざっくりした返事が返ってきました。「あっと驚く最新の・・・・・・」と思わせぶりなことも言ってきます。あいかわらずあしらい上手。

 そんなことより、重要なのは2017年のポスターデザインです。人々が行き交うなかで、対話したり、MacやiPadを操作したり、本を読んだりする様子が俯瞰(ふかん)でポップに描かれています。コーディング画面を模したギークなデザインの去年とはまったく対象的です。

 WWDCの特設ページの中央には、「テクノロジーだけでは不十分です。テクノロジーは、社会を推進する新しいアイデアや経験を生み出すために、リベラルアーツや人文科学と交差しなければなりません」とあります。

 Appleはコーディングを学ぶことだけがプログラミング教育ではなく、相手と対話するコミュニケーション力や論理的思考力を身につけさせること、本人のクリエイティビティを刺激することが重要だと考えています。テクノロジーを正しく使い、本当の意味で「よきデジタル市民」になっていかなければならない、という主張はSwift Playgroundsでも一貫しています。WWDC17でも、テクノロジーと人間の付き合い方、デジタル市民としてのあり方についてメッセージを発信する可能性はありそうです。

最終更新:6/5(月) 16:36
ITmedia PC USER