ここから本文です

広島新庄は優勝ならず、鳥取城北が初V 春季高校野球中国大会

6/5(月) 15:44配信

デイリースポーツ

 「春季高校野球中国大会・決勝、鳥取城北2-1広島新庄」(5日、松江市営野球場)

 広島新庄は決勝戦で敗れ、優勝を逃した。初回にエース・有村が1失点。五回に主将・石井のソロで同点としたが、六回に2番手・竹辺が4番瀬戸にソロを打たれ、勝ち越しを許した。

 広島新庄は計12安打を放ちながら1得点。3度の併殺が響いた。迫田監督は「点が取れないときはこういうもの。いい反省材料として頑張りたい」と夏の雪辱を誓った。

 鳥取城北は今大会を初制覇。野球部OBには阪神・能見がいる。

スポーツナビ 野球情報