ここから本文です

新体制の鹿島、大宮が走行距離で1、2位!浦和撃破の柏が3位

6/5(月) 11:59配信

スポーツ報知

 明治安田生命J1リーグ第14節は4日、各地で行われた。Jリーグ公式サイトで発表される各チーム、個人の走行距離は、今節は大岩剛新監督(44)の鹿島が広島戦(Eスタ)で116・985KM(キロメートル)をマークし、J1でトップだった。

 2位は大宮で116・635KM。こちらも伊藤彰新監督の初陣の鳥栖戦(NACK)でマーク。ともに新体制初戦となったチームが走行距離で1、2位となった。また、浦和をホームで撃破し、8連勝とした柏が116・200KMで3位。

 個人ではMF青山(広島)が12・832KMでトップだった。個人の10傑は次の通り。

 (1)12・832KM MF青山敏弘(広島)対鹿島

 (2)12・751KM MF高橋義希(鳥栖)対大宮

 (3)12・563KM MF天野純(横浜M)対川崎

 (4)12・427KM MF中川寛斗(柏)対浦和

 (5)12・411KM MF扇原貴宏(横浜M)対川崎

 (6)12・350KM MF鎌田大地(鳥栖)対大宮

 (7)12・331KM MF奥埜博亮(仙台)対甲府

 (8)12・321KM MF三竿健斗(鹿島)対広島

 (9)11・984KM MF兵藤慎剛(札幌)対神戸

 (10)11・942KM MF原川力(鳥栖)対大宮

※名前の後のカッコ内は所属

最終更新:6/5(月) 11:59
スポーツ報知