ここから本文です

五郎丸、古巣・ヤマハ発復帰を発表「新たな気持ちでシーズンに臨みたい」

6/5(月) 12:55配信

スポーツ報知

 2015年ラグビーW杯日本代表FBの五郎丸歩(31)が5日、古巣のヤマハ発動機に復帰するとオフィシャルウェブサイトで発表した。所属するフランス1部リーグ、トゥーロンとは今月30日付けで契約満了し、7月1日からヤマハ発動機と2季ぶりにプロ契約を結ぶことを明かした。

 五郎丸は「昨日(6月4日)行われました決勝戦をもって、フランスTOP14のシーズンが閉幕いたしました。残念な結果となってしまいましたが、多くのご声援ありがとうございました。6月30日のRCトゥーロンとの契約満了に伴い、1年半に亘る海外チャレンジから帰国いたします。皆様のご理解とご支援には心より感謝申し上げます。なお、7月1日より、プロラグビー選手として、ヤマハ発動機様と契約いたしましたのでご報告いたします。気分一新、海外での経験を活かし、新たな気持ちでシーズンに臨みたいと思います。引き続き、ご声援よろしくお願いいたします」とつづった。

 昨年2月に南半球スーパーラグビー・レッズ(豪州)入りし、同8月に北半球の最高峰リーグ、トゥーロンに移籍。ヤマハ発動機側とはアドバイザー契約を交わしていた。1年契約のトゥーロンでは5試合の出場にとどまり、先発した4試合でも無得点。出場機会に恵まれず苦戦していた。双方が合意すれば1年延長できたが、五郎丸は別チームでプレーしたい意向もあり、ヤマハ発動機を含め国内外での新たな移籍先を探していた。

最終更新:6/5(月) 12:55
スポーツ報知