ここから本文です

笑福亭仁鶴の妻・岡本隆子さんが死去 吉本新喜劇で活躍

6/5(月) 12:59配信

スポーツ報知

 落語家の笑福亭仁鶴(80)の妻・岡本隆子さんが2日午後7時半、大阪府内の病院で死去した。72歳だった。5日、所属事務所のよしもとクリエイティブ・エージェンジーが発表した。

 通夜は3日、葬儀・告別式は4日、大阪府内で密葬で執り行われたという。

 岡本さんは結婚前に吉本新喜劇で活躍。2013年にはエッセー「そこのけそこのけ仁鶴の女房が通る」を出版し、テレビ朝日系「徹子の部屋」(月~金曜・正午)などに夫婦で出演した。

 仁鶴は5月27日放送のNHK「バラエティー生活笑百科」(土曜・後0時15分)を32年目で初めて欠席。15日に体調不良を訴えて同番組の2週分の収録を休んだが、23日に読売テレビ「大阪ほんわかテレビ」(関西ローカル)の収録で仕事復帰した。

最終更新:6/5(月) 15:16
スポーツ報知