ここから本文です

【大学選手権】東海大北海道、東都王者の東洋大に完勝

6/5(月) 16:26配信

スポーツ報知

◆報知新聞社後援 第66回全日本大学野球選手権第1日 ▽1回戦 東海大北海道7―2東洋大(5日・東京D)

 東海大北海道が、東都王者の東洋大に完勝した。

 両チーム無得点で迎えた2回、今川優馬外野手(3年)の右越えソロで先制。「右方向に伸びる打球が(自分の)持ち味。イメージ通りだったけど自分でもビックリ。最高です」と笑顔を見せた。

 さらに4回2死二、三塁からは、有間裕亮外野手(3年)が右翼線に2点二塁打。この回途中でプロ注目の東洋大・飯田晴海投手(4年)をマウンドから引きずり下ろした。

 高橋葉一監督(51)は「東都の投手は球が速い。練習ではピッチャーを2メートル前に出して打撃練習をした。気を緩めず次も頑張ります」と気を引き締めた。

最終更新:6/6(火) 14:23
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/27(火) 17:05

Yahoo!ニュースからのお知らせ