ここから本文です

中島愛「涙ちょちょぎれ」再始動ワンマンで歴史を総括し次のステップへ

6/5(月) 22:27配信

音楽ナタリー

中島愛が昨日6月4日、東京・ステラボールにてワンマンライブ「Megumi Nakajima Live 2017 "Love for you"」を開催した。

【写真】中島愛(撮影:能美潤一郎)(他13枚)

まめぐがワンマンライブを行うのは、2014年3月20日の東京・日本青年館公演「Megumi Nakajima FINAL LIVE『Thank You』」以来。彼女はこの日のライブを最後に音楽活動を休止したが、2016年12月に活動再開を宣言し、今年2月に復帰第1弾シングル「ワタシノセカイ」を発表した。

3年以上のブランクを経てのワンマンライブは、最新シングル収録曲「最高の瞬間」で幕開け。バンマスの西脇辰弥(Key)を筆頭に、黒田晃年(G)、坂本竜太(B)、佐野康夫(Dr)、MAKI(Cho)、ますだみき(Cho)が順にステージに上がり、少しずつ音を重ねていく。そして「お待たせー!」とステージ上段にビビッドピンクのワンピースを着たまめぐが登場すると、満員のフロアは大きな歓声と「フレー!」のコールで湧いた。

まめぐはそのまま「しょっぱなから盛り上がって行きますかー!」と、ニューウェイブテイストの「そんなこと裏のまた裏話でしょ?」とジャズ風ナンバー「宇宙的DON-DOKO-DON」を連続で披露。水を飲んでひと呼吸置くと、「ずっとずっとこの日を待ってました」とステージに立つ喜びを噛み締めていた。温かい拍手が送られ一旦リラックスしたのか、まめぐは「ここのMCではすぐ次に行こうと思ってたんだけど……ちょっと懺悔させてください。出てくるとき、気合が入りすぎて階段でコケてしまって(笑)」と明かし、「コケたおかげで緊張が解けたのか余計緊張したのか、感情が混ぜこぜになってしまいましたけど、みんなが幸せになれるような、来てよかったと思ってもらえるようなライブにできたらと思います」と笑顔を見せた。

ここから先のステージは、彼女のヒストリーを追うような形で進行していく。まずは2009年にリリースされた個人名義のデビュー曲「天使になりたい」、そして2010年発売の1stアルバム「I love you」から「Be MYSELF」と「Sunshine Girl」が歌われ、次のブロックでは2012年発売の2ndアルバム「Be With You」までの楽曲から「メロディ」「パンプキンケーキ」「恋」「神様のいたずら」が披露された。「神様のいたずら」 はウッドベースやアコースティックギターを使用した優しいアレンジで、バンマス西脇はまめぐから直々にリクエストされたというハーモニカの音色を重ねる。活動初期から彼女の音楽をサポートする西脇を、まめぐは彼の髪色がかつて茶色かったことから「チャッピー先生」と親しみを込めて呼んでおり、現在は金髪になった西脇は「今はキンパッピーかもしれない」と笑いを誘った。

ゆったりした空気の流れた「Be With You」のブロックから一転、2014年発売の3rdアルバム「Thank You」までのブロックでは、ラスマス・フェイバーとの出会いで生まれたハウスチューン「TRY UNITE!」や性急な8ビートの「Wish」、ハンドクラップとコール&レスポンスで盛り上がる「Hello!」とハイテンションな曲が並ぶ。まめぐがここまで3枚のアルバムを「“You”3部作」と称して振り返りつつ「こうして復帰したのでアルバムを作りたい気持ちもありますし……」とつぶやくと場内には大きな歓声が上がり、まめぐは「わー! どうですかこの歓声。スタッフさん聞きました? 自分なりのペースで活動していきたい……とは言え、途切れることなく皆さんに声を届けていきたいです。ツアーもやりたいね。みんな偉い人に念を送って!」とこれからの音楽活動に並々ならぬ意欲を見せた。そして次のブロックでは、ラスマスの作品でフィーチャリングゲストとして歌った「AME」、livetuneとのコラボナンバー「Transfer」などレアな楽曲を連発。ラスマスとのコラボによる2012年のシングル「マーブル」ではミラーボールが激しく旋回し、ラストには佐野の激しいドラムソロが加えられた。

「1年前は復帰に向けて準備を進めようと準備を始めた頃でした。まさか1年後の今日がこんな日になるとは」としみじみ語ったまめぐは、「復帰するなんてそんな虫のいい話があるのか、みんな忘れてるんじゃないかと不安でしたが、まだ私の音楽を聴いてくれる人がいるなんて……ホントもう涙ちょちょぎれですよ。そのぐらい感謝して、感謝して、感謝しています。人生捨てたもんじゃないですね、本当に」と集まったファンに改めて深くお礼の言葉を述べた。そして「これからも曲がりくねった道とか、えらく高い壁とかあると思いますけど、それもひっくるめて生きていくということで。ひっくるめて前へ。またこうしてライブ会場で皆さんにお会いできたらと思います」と再会を約束し、最後に2度目のデビュー曲となった「ワタシノセカイ」を熱唱した。

アンコールを受けて再びステージへと上がったまめぐは、ここでデビューのきっかけとなったテレビアニメ「マクロスF」のランカ・リー役で歌唱した楽曲をメドレーで披露。ランカの代名詞とも言える大ヒットナンバー「星間飛行」が挟まれるとフロアはまたも大歓声に包まれ、サビ前の「キラッ☆」のフレーズで場内は一体に。まめぐはさらにもう1曲「私の大切な曲を聴いてください」と2ndアルバム「Be With You」収録曲「金色~君を好きになってよかった」を届け、「今日はみんなありがとう。デビューのとなったランカ・リーにもありがとう!」と重ねて感謝の思いを伝えた。まめぐとバンドメンバーが去るもフロアでは「もう1回!」コールが沸き起こり、まめぐは三たびステージへ。2ndシングルとして2009年に発表されたバラード「ノスタルジア」を歌ったあとも「名残惜しい! これからみんな、家に来る?」と観客に負けないほど別れを惜しみつつも、まめぐは「でも、名残惜しいぐらいが次につながるんじゃないかと強引にまとめてみます」と、最後に最新シングルから「愛はめぐる」を披露。活動再開の喜びに満ちた「Love is coming, coming back!」の大合唱でにぎやかにステージを終えた。

中島愛「Megumi Nakajima Live 2017 "Love for you"」
2017年6月4日 ステラボール セットリスト


01. 最高の瞬間
02. そんなこと裏のまた裏話でしょ?
03. 宇宙的DON-DOKO-DON
04. 天使になりたい
05. Be MYSELF
06. Sunshine Girl
07. メロディ
08. パンプキンケーキ
09. 恋
10. 神様のいたずら
11. TRY UNITE!
12. Wish
13. Hello!
14. AME
15. Flower in Green
16. Raspberry Kiss
17. Transfer
18. マーブル
19. ワタシノセカイ
<アンコール>
20. メドレー:What'bout my star?~星間飛行~虹いろ・クマクマ~アナタノオト~放課後オーバーフロウ
21. 金色~君を好きになってよかった
<ダブルアンコール>
22. ノスタルジア
23. 愛はめぐる

最終更新:6/5(月) 22:27
音楽ナタリー