ここから本文です

【MLB】Rソックス快勝! C.セールが7勝目、A.ベニンテンディは2本塁打

6/5(月) 13:09配信

ISM

 ボストン・レッドソックスは現地4日、敵地でボルティモア・オリオールズと対戦。先発クリス・セール投手が初回に3点を失ったものの、2ホーマーを放ったアンドルー・ベニンテンディ外野手ら打線の援護もあって7対3で勝利した。

 1回表に2点を先制したレッドソックスだが、その裏にセールが立ち上がりを攻められ、2死からクリス・デービス一塁手に同点タイムリー、ジョナサン・スクープ二塁手には勝ち越しタイムリー二塁打を浴びて逆転を許してしまう。

 それでもセールは2回以降は追加点を許さず立ち直る。すると打線が3回にベニンテンディのソロアーチで追いつき、6回には満塁から相手のミスで2点を勝ち越す。さらに9回にはベニンテンディがこの日2発目となる7号ソロを放って突き放した。

 セールは6回を6安打、1四球、9奪三振、3失点で7勝目(2敗)。両リーグ単独トップの奪三振数は119個となった。

 ア・リーグ東地区2位のレッドソックスはこれで4連戦を2連敗後に2連勝として3位オリオールズとの差を1.5ゲームに。6日からは2ゲーム差で追う首位ニューヨーク・ヤンキースとの3連戦に臨む。ジョン・ファレル監督は「この地区はしばらく混戦だろう。1勝3敗ではなく五分で負われたのは大きい」と語っていた。(STATS-AP)

最終更新:6/5(月) 13:09
ISM

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/22(土) 9:50