ここから本文です

マエケンまた4回で降板…4四死球92球2失点で3敗目

6/6(火) 7:02配信

スポーツ報知

◆ナ・リーグ ドジャース0-3ブルワーズ(4日・ミルウォーキー)

 ドジャースの前田健太投手(29)が4日(日本時間5日)、敵地のブルワーズ戦に先発し、4回を2安打2失点で3敗目(4勝)を喫した。

 本来の制球力が影を潜め、苦しいマウンドが続く。この日も4四死球。4回を投げ切るのに92球を費やしたことで、2試合連続の4回降板となった。課題になっている初回、1死後にテムズに右中間への一発を浴びた。今季の31失点のうち、1回に12失点となった。

 痛かったのは2回。先頭打者を2球で追い込みながら歩かせ、1死を取った後の打者も2ストライク後の3球目に死球で2点目につながった。「ボール球が多くて球数が多くなってしまった」。この3試合とも同じ内容での早期降板に、前田も頭を抱える。

 地元紙によるとロバーツ監督は「彼はコンタクト(ぶつかっていくこと)を嫌がっているように見えた」と真っ向勝負の姿勢が見えず、かわすことばかり考えていると見ているようだ。ド軍の先発陣は層が厚いだけに、ローテから外れる可能性も出てきそうだ。

最終更新:6/6(火) 7:02
スポーツ報知