ここから本文です

台湾で活躍する田中千絵が“月9”出演 撮影は「楽しかった!」

6/5(月) 10:05配信

オリコン

 台湾を活動の拠点とし活躍する女優の田中千絵(35)が、12日放送の嵐・相葉雅紀主演フジテレビ系連続ドラマ『貴族探偵』(毎週月曜 後9:00)第9話に出演することが、わかった。田中は『剣客商売スペシャル「決闘・高田馬場」』(フジテレビ系/2005年9月6日放送)以来12年ぶりの日本ドラマ出演。ゴールデン帯(午後7:00~10:00)放送の連続ドラマへは初出演となる。

【写真】アジアで活躍する女優・田中千絵

 田中はメイクアップアーティストのトニー・タナカ氏を父に持ち、高校生の時にスカウトされ、1996年に芸能界デビュー。98年、フジテレビ『美少女H』第4話の主演を務め、ドラマデビュー。テレビ朝日『スカイハイ』や映画『ピンポン』『ドラッグストア・ガール』などの話題作に出演した。

 05年、傑作『インファナル・アフェア』シリーズなどで知られるアンドリュー・ラウ監督の香港映画『頭文字D』に出演。アジア映画の可能性を感じるとともに、ラウ監督から「中国語を勉強して、もっとアジア映画界にチャレンジしては?」と激励され、06年に一念発起。本格的に中国語を学ぶべく、女優活動を休止して単身、台湾に留学した。

 8ヶ月の語学留学を終え、帰国準備をしていた時、映画『海角七号 君想う、国境の南』のダブル主演オファー。劇中では、中国語を話す日本人ファッションモデル・友子を演じ、08年8月に台湾公開されるや大ヒット。その後も台湾を活動の拠点とし、数々の台湾・中国の映画・テレビドラマに出演。09年にはニューズウィーク日本版の「世界が尊敬する日本人100人』に、12年には内閣府から「世界で活躍し『日本』発信する日本人」の1人に選ばれた。

 今回オファーを受け「月9・30周年という節目のこの作品に参加させていただけたことはもちろんですが、デビュー作『美少女H』で大変お世話になった中江(功)監督と羽鳥(健一)プロデューサーと20年ぶりに、またこうしてお仕事をご一緒させていただけたこと、どんなに時間がたっても当時と変わらない温かさで私をまたフジテレビのドラマに呼んでくださったことに心から感謝しています」とコメント。

 「久しぶりの日本語でのお芝居に最初は慣れない感じでしたが、共演者の皆さん、スタッフのみなさんがファミリーのようで、とっても温かい現場でした。毎回撮影に行くのが楽しかったです!」と撮影を振り返り、見どころについては「トリックが“まさか”というところに仕掛けられているところと、私が演じさせていただいた被害者である佐和子の死体が、今までには見たことのない姿で発見されるので、ぜひそのあたりに注目して見ていただければと思います!」と呼びかけている。

 今回、田中が演じるのはジャズシンガー・水橋佐和子。家族らとキャンプ場を訪れ、バーベキューを楽しむが、一同の笑顔を悲鳴に変える殺人事件が起きる。被害者は佐和子。関係者全員にアリバイがある中、犯人は誰なのか。

最終更新:6/5(月) 10:05
オリコン