ここから本文です

滝沢秀明、Hey! Say! 有岡の笑顔に恐怖「何を考えているかわからない」

6/5(月) 13:42配信

オリコン

 タッキー&翼の滝沢秀明(35)、Hey! Say! JUMP有岡大貴(26)が5日、東京・神田明神で行われたホラー映画『こどもつかい』公開直前大ヒット祈願イベントに出席した。作品の内容にちなみ、“怖いもの”を聞かれた滝沢は「有岡の笑顔」と回答。「この笑顔は何を考えているのがわからない」と先輩からのイジりに有岡は「待ってください。人前で笑えにくくなる。笑顔がウリなんです!」と訴えて笑いを誘った。

【動画】有岡大貴&門脇麦に霊が迫る…映画『こどもつかい』予告編

 有岡とはプロモーション活動を通じて「結構毎日のように過ごしている」という滝沢だが「まだ有岡のことがすべてわからなくてですね。この笑顔を見るといろんなことを騙される。有岡の呪いにかかってます。有岡と会うとおかしくなる」とニヤリ。

 これに対して有岡は「納得いかないですね。僕の恐怖は滝沢くんとの距離感」と告白。「どうも薄い壁を破ってくれないというか…」と不服そうな有岡に、滝沢は「仕事の関係だからね」とバッサリ。有岡が「徐々にお近づきにはなれてると思うんですけど、あと一歩がいけない」と残念そうに続けると、滝沢は「じゃあ、きょうお祈りしよう!」と、この後行われたご祈祷を踏まえて提案していた。

 滝沢の映画初主演となる今回。『呪怨』シリーズなどジャパニーズホラーの名手・清水崇監督(44)のオリジナル作品。滝沢演じる“こどもつかい”が子どもの霊を使って悪い大人を呪い、恐怖のどん底に突き落とすというストーリー。初ホラー映画で特殊メイクにも初挑戦し“初”だらけになった同作の公開を前に滝沢は「勝負の作品となりました。手応えも感じていますし、お客さんの反応がはやくみたい」と自信をのぞかせていた。

 このほか、共演の門脇麦(24)、清水監督が登壇。映画は17日公開。

最終更新:6/5(月) 13:43
オリコン