ここから本文です

上原多香子“月9”初出演 初のマッシュルームカットも披露

6/5(月) 12:26配信

オリコン

 女優の上原多香子が、5日放送の嵐・相葉雅紀に主演フジテレビ系連続ドラマ『貴族探偵』(毎週月曜 後9:00)第8話で月9枠に初出演することが、わかった。上原演じる韮山瞳(にらやま・ひとみ)は、とある大学の准教授で武井咲演じる新米探偵・高徳愛香の大学の先輩という役どころ。愛香と一緒にミステリ研究会に所属していた過去を持つ。また、一流の“菌類研究者”という設定に合わせ、自身初のマッシュルームカット姿も披露している。

上原多香子のプロフィール

 収録を終え「個性的で魅力あふれるキャストの皆さんとご一緒できることが楽しみでしかたがなく、撮影中は毎日が新鮮でした。すてきな機会をいただき、本当にうれしかったです」と手応えをにじませる上原。相葉とはドラマ初共演となるが「爽やかで穏やかな方と勝手にイメージしていたのですが、そのイメージのままま優しい方で同い年ということもあり、お話しやすかったです」と感想を語った。

 またキノコの研究に情熱を注ぐ准教授である瞳は、無意識にキノコのようなヘアスタイルにしてしまっているため、「衣装合わせでウィッグを合わせた時は見慣れない姿に若干違和感がありましたが、撮影が終了する頃はすっかりなじんでいて、逆に地毛の姿に違和感があるほどでした」と愛着がわいた様子だ。

 第8話は、愛香が師匠で名探偵・喜多見切子(井川遥)の遺品のメモ帳で見つけた「政宗是正」という名前こそ貴族探偵(相葉)の謎の正体につながる鍵だと確信。警部補の鼻形雷雨(生瀬勝久)に警察の力で「政宗是正」が何者なのか調査をしてもらえないか、と相談をする。鼻形に、これまでに分かった貴族探偵と切子の過去を説明していると、瞳から電話が掛かってき、久しぶりに大学へ遊びに来ないかと誘われることに。

 学生時代を思い出し、懐かしさに心を満たされた愛香が瞳の准教授室に入ると、そこには貴族探偵の姿が。実は、とあるパーティーで貴族探偵と瞳は知り合い、瞳が新種の光るキノコを発見したと聞き、それを見に来た貴族探偵が、瞳と愛香の関係を知ると愛香も誘うよう瞳に進言したのだ。そんな折、瞳の研究室のゼミ生が殺害され…。

 羽鳥健一プロデューサーは瞳について、「貴族探偵とパーティーで知り合ってアバンチュールな仲かもしれないチャーミングなキャラクター。研究対象であるキノコさながらのマッシュルームカットで可愛らしい姿が印象的です」と説明。「担当するゼミの幹事が自分の研究室内で殺害されるという事件が発生することで、意味深なキャラクターへと変貌していく様を見事に演じていただきました。クレバーでありながらも怪しさや妖艶さを垣間見せるお芝居にぜひご期待ください!」とアピールしている。

最終更新:6/5(月) 12:26
オリコン