ここから本文です

金子ノブアキ『CRISIS』最終章で最強の敵役 現場の空気感に「仲間で合流したかった」

6/6(火) 12:00配信

オリコン

 ロックバンド・RISEのドラマーで俳優の金子ノブアキが6日放送の関西テレビ・フジテレビ系連続ドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(毎週火曜 後9:00)第9話に出演。主人公・稲見朗(小栗旬)らの自衛隊時代の友で“最強の敵”として立ちはだかる結城を演じる。小栗とは映画『クローズZEROII』で共演した金子だが、「背中と行動で現場を引っ張る最高の座長。長い時間を費やして作り上げた体躯やアクションの重みには衝撃を受けました。心から敬意を表したいです」と尊敬の念を表した。

【場面カット】小栗旬と対峙する金子ノブアキ

 同ドラマは、小栗や西島秀俊演じる田丸三郎らが所属する安機動捜査隊特捜班の面々の活躍を描いたアクションエンターテインメント。第9話では、行方をくらましていたはずの結城が稲見の前に出現する。稲見の除隊以来の再会を喜びあう2人だったが、結城の「俺はゆがみきった世界を正すつもりだ」という言葉から、稲見は何らかの理由で結城がテロを計画していると察知して…というストーリー。

 いよいよ最終章が幕を開けるが、小栗は「残り第2話となりましたが24話くらい撮ればよかったと思うくらい寂しいです。皆さんには最後までこの作品を愛してほしいです」と名残惜しそう。特捜班メンバー・樫井勇輔役の野間口徹は「ここまで見た方には何も言わなくてもわかると思いますが、最後までモヤっとさせます!(笑) 第9話は嵐の前の静けさを感じてほしいですね」とみどころを紹介した。

 撮影現場に途中合流した金子は「素晴らしい空気感で、もっと早くできれば仲間として合流したかったです(笑)」としながらも「この作品に参加できたのは人生の誇りです。特捜班やそれを取り巻くキャラクターたちの行く末にご期待ください」と呼びかける。ひげをたくわえたワイルドなビジュアルの金子が、実写版映画をヒュー・ジャックマンが演じたヒーロー・ウルヴァリン(別称:ローガン)に例えられていたことから、小栗は「うちの“ローガン”の活躍を見てもらえたらと思います」とアピールしていた。

最終更新:6/6(火) 12:50
オリコン