ここから本文です

ヒメサユリ楽しむ 喜多方、群生地でウオーク

6/5(月) 11:09配信

福島民報

 第11回ひめさゆりウオークは4日、福島県喜多方市の宮川公園発着で行われ、約190人が新緑の熱塩加納路を散策した。
 第34回ひめさゆり祭りの関連イベントで、有志でつくる実行委員会(野辺善市委員長)の主催、市と福島民報社の共催。3キロと10キロの2コースともヒメサユリ33万本が咲き始めた群生地約3・3ヘクタールを経由した。実行委によると、ヒメサユリの開花は現在3割ほどで、来週末まで楽しめるが7日前後が見頃とみられる。
 参加者にはコース中に群生するウワミズザクラの塩漬けを使った地元産米のおにぎりが振る舞われた。

福島民報社

最終更新:6/5(月) 12:22
福島民報