ここから本文です

ブラジルのガソリン小売価格、3週連続下落

6/5(月) 8:17配信

MEGABRASIL

ペトロブラスは価格改定の頻度を今後上げていく可能性を示唆

全国石油機関(ANP)が6月2日づけで発表したところによると、ペトロブラスによる卸売価格引き下げに伴い、ガソリンスタンドでの小売価格も下落したという。

1リットルあたりの平均価格は3.606レアルから3.59レアルに下がり、マイナス0.44%となった。5月25日、ペトロブラスは卸値を5.4%引き下げると発表した。この引き下げ幅を小売価格に反映するかどうかはガソリンスタンド次第だ。

ディーゼルの卸値は1リットル3.019レアルから3.006レアルへ、マイナス0.43%となった。

なお、ペトロブラスが石油精製各社に発表した引き下げ幅は3.5%とのことだ。

ペトロブラス広報からの最新の情報では、価格改定の頻度を今後上げていく可能性があるという。

(文/原田 侑)

最終更新:6/5(月) 8:17
MEGABRASIL