ここから本文です

樽見鉄道で新緑の旅 映画観賞、グルメも味わう

6/5(月) 7:46配信

岐阜新聞Web

 ローカル線の旅と映画を楽しむ「みんなで乗ろう!樽見鉄道」(岐阜新聞・ぎふチャン主催、同鉄道協力)が4日、岐阜県本巣市内で開かれた。快晴の下、参加者は新緑と根尾川がきらめく沿線の景色を満喫した。
 7回目を迎える企画。県内外から中高年の夫婦ら約60人が参加した。同市山口の織部駅から2両編成の列車に乗車。車内で沿線の見どころの案内を聞きながら30分ほど揺られ、すがすがしい初夏の風景を眺めた。終点の樽見駅(同市根尾樽見)で降車後、根尾文化センター(同市根尾板所)に移動。第2次世界大戦中の広島県呉市を舞台に、嫁いだ主人公すずの日常を描いたアニメ映画「この世界の片隅に」を観賞した。
 観賞後、市内のブランド豚「文殊にゅうとん」を使った丼を頬張ったり、うすずみ温泉に入浴したりして、思い思いに過ごした。

岐阜新聞社

Yahoo!ニュースからのお知らせ