ここから本文です

<北朝鮮写真報告>強制動員される女性たちの姿(1) 農村動員という名の搾取労働に怒り(写真4枚)

6/5(月) 5:10配信

アジアプレス・ネットワーク

6月の北朝鮮は田植えの季節。つまり、全国の一般庶民にとっては、強制的に農村に動員される頭の痛い季節である。

【関連動画と写真を見る】 農村動員に反発する女性たちが作業中に不満を吐き出す

6月2日、北部地域に住む取材協力者の女性は次ように伝えてきた。

「人民班ごとに作業ノルマが上から降りて来て農場に出向かなくてはなりません。でも、金のある者は賄賂を払って『免除』してもらっています。サボりたくても街の辻々に取締り員が立って、農村に行かない者をチェックしています。毎年のことですけれど」

毎日の食事を心配をしなければならない庶民は、日銭稼ぎの商売や労働に出なければならない。連日の無報酬の動員労働は大変な負担だ。(石丸次郎)

※人民班は最末端の行政組織で、戦前の「隣組」のような役割。

←一斉に草取りを始めた女性たち。「収穫物は全部取られる。たた働きだ」という不満の声が録音されていた。2013年6月北部地域で撮影「ミンドゥルレ」(アジアプレス)

←疲れ果てたのか、動員作業の合間に横になって休む女性。2013年6月北部地域で撮影(アジアプレス)

←これは冬季の画像。堆肥作りを命じられた集落の女性たちが動員され、糞尿や枯草を一所に集めている。厳寒の中部地方で。2015年1月中旬 撮影キム・ドンチョル(アジアプレス)