ここから本文です

1歳の男の子の誕生日クッキーの形をめぐってネット騒然

6/5(月) 11:49配信

BuzzFeed Japan

米ニュージャージー州に住むJT&ジェン夫婦は、もうすぐ1歳になる息子の誕生日パーティーを計画中。ジェンは、息子のために「1」という形のクッキーを焼くことにした。
【Tanya Chen / BuzzFeed Japan】

【動画】クッキーにアイシングが絞り出されていく。それを見ているだけで、なぜか癒される

ジェンの母親も、自分の誕生日にはクッキーを焼いていたそうで、いわばこれは家族の伝統クッキー。母親が使っていたクッキーカッターを受け継ぎ、今はジェンがクッキーを焼いている。

去年の長女の誕生日に焼いた「4」のクッキー、カラフルなアイシングがキュート。
息子の誕生日は6月中旬だが、その前に夫&長女の誕生日パーティーもあるため、ジェンは早めにクッキーを準備して冷凍しておくことにした。

週末に8時間、キッチンで動き回って焼いた「1」のクッキーは、なんと189個! 妻として母親として、家族の笑顔のために時間をやりくりするなんて素晴らしい!
が、完成したクッキーを見て、夫のJTは思った。「アレじゃん」

クッキーを横から見て「アレ」に見えると1度思ってしまってから、どこからどう見ても、もう「アレ」にしか見えないというJT。一方、ジェンは8時間かけたクッキーを作りなおすつもりはなく、「1にしか見えない。1以外の何モノでもない!」と完全否定。

どうしても「アレ」に見えるJTは、インターネットのみなさんに意見を求めることにした。

「1歳の息子の誕生日のために妻が『1』の字のクッキーを作ったんだけど、『1』に見えなくて……。みんなどう思う?」

ジェンには悪いが、多くの人の意見は「アレ」だというもの。

JTはツイートで「アレ」とハッキリ言ったわけではないのに、それでもみんなが「アレ」に見えてしまった。

中には「10歳の誕生日だったらヤバかった」というかなり際どいコメントまででた。それほどまでに、この1の形のクッキーは「アレ」なのだ!

「アレ」に見えるという意見を否定するジェンだが、お土産用にクッキーをいれる袋は、透明ではないものを考えているという。

ムスコくん、誕生日おめでとう!

(翻訳編集:SOKO)

最終更新:6/5(月) 12:06
BuzzFeed Japan