ここから本文です

「上司がダメなら、人生がダメに」ビジネスを知る校長先生の話

6/5(月) 6:00配信

ホウドウキョク

奈良市立一条高等学校の校長を務める藤原和博さん。
リクルートで活躍していた藤原さんが、東京都では初の事例となる公立中学校校長へ転身したのは2003年。
見事なマネジメント力で義務教育の場でも様々な成果を出した藤原さんが次に選択したのが、公立高校という新たな場での挑戦だった。

「藤原校長×タケ小山」写真や音声はこちらから

私企業で培ったビジネスパーソンとしての力をどのように教育の場で発揮しているのか?
場所や環境が変わっても快進撃を続ける藤原さんの“働きかた”哲学についてタケ小山が迫る。

始まりは、リクルート

藤原さんは1955年生まれ。東京大学を卒業後、同じ大学の先輩である江副浩正氏が立ち上げた会社である株式会社リクルートに入社した。

「営業とプレゼンをずっとやっていたので、基本的にこの二つについては人に負けない自信がある。何を売れと言われても売れる」

東京営業統括部長、新規事業担当部長などを務めた藤原さんの力強い言葉にタケはうなずいた。

「リクルートというのは、一体どういう会社なのか?」とタケが尋ねると、リクルートのスローガンである「自ら機会を創り出し、機会によって自らを変えよ」という言葉を引用して、「チャンスは自分でつくり出すもので、待ちの姿勢ではダメだという原則が貫かれている」と答えた。

「風通しの良い風土でしたね」と藤原さんは語る。上司と部下、男性と女性、外国人と日本人、大卒と高卒…、そういう出自や学歴によって差をつけないし、壁を感じさせない。肩書ではなく「さん」付けで相手を呼び合い、常にフラットな関係で仕事をしていたそうだ。

「そういうカルチャーは今も続いていると思う」と語った後、「今のリクルートを受けても、僕は受からないんじゃないかな」と笑った。そこにすかさずタケは、リクルートに就職したい学生さんたちに代わってこんな質問をした。

「リクルートの入社面接に受かるにはどんな作戦を立てればいいですか?」

藤原さんが教えてくれたのは「ポケモンのレアカードみたいな存在になること。つまり、ちょっと変わっていて希少性がある。メッセージがある、打ち出すものがあると感じさせること」というものだった。

お決まりのリクルートスーツを着て、面接塾で習ったことを言われてもよい反応はできないし、どこにも引っかからない。

「引っかかるところを、作ってください」

1/3ページ