ここから本文です

カーチェイス版『ラ・ラ・ランド』? エドガー・ライト監督最新作『ベイビー・ドライバー』日本公開決定!

6/5(月) 11:10配信

ぴあ映画生活

『ショーン・オブ・ザ・デッド』『ホットファズ-俺たちスーパーポリスメン!』『ワールズ・エンド 酔っ払いが世界を救う』など、世界中のファンから愛され続ける作品を生み出し続けている映画監督エドガー・ライト。この度、初のハリウッド長編デビューを果たした最新作『ベイビー・ドライバー』が、8月19日(土)より日本公開されることが決定。あわせて予告映像も公開された。

『ベイビー・ドライバー』予告映像

本作は3月に開催されたサウス・バイ・サウス・ウェスト映画祭でお披露目され、観客賞を受賞。全編に流れる楽曲に合わせた台詞やドライビングシーンの作品構成で、カーチェイス版『ラ・ラ・ランド』とも評されている。

天才的なドライビング・センスを買われ、犯罪組織の“逃がし屋”として活躍する若きドライバー、通称“ベイビー”は、運命の女の子デボラと出会ったことにより、犯罪現場から足を洗うことを決意。しかし彼の才能を惜しむ組織のボスにデボラの存在を嗅ぎ付けられ、無謀な強盗に手を貸すことになり、彼の人生は脅かされ始める――。

主人公・ベイビーを『ダイバージェント』のアンセル・エルゴート、ヒロインには『シンデレラ』のリリー・ジェームズが演じる。そのほか、ジェイミー・フォックス、ジョン・ハム、ケヴィン・スペイシーがキャストに名を連ねた。

この度、公開された予告映像では、真っ赤なスバル・インプレッサに乗った主人公ベイビーがロックミュージックとともに天才的なドライビングテクニックを披露する姿を観ることができる。子供のころの事故の後遺症で耳鳴りが激しいベイビーは、iPodに入っている完璧なプレイリストによって、耳鳴りは消え、唯一無二の凄腕ドライバーに豹変する。テンポの良い音楽とカーアクションがシンクロし、エドガー・ライト監督が自ら“ロックンロール・カーチェイス・ムービー”と評する本作の見どころをうかがわせる映像となっている。

『ベイビー・ドライバー』
8月19日(土)新宿バルト9ほか全国公開

最終更新:6/5(月) 11:10
ぴあ映画生活