ここから本文です

鹿島、魅惑のパスサッカーで広島を粉砕 大岩新監督が掲げたチームコンセプトとは?

6/5(月) 0:20配信

theWORLD(ザ・ワールド)

レアンドロ、中村充孝の起用がズバリ

4日に明治安田生命J1リーグ第14節が行われ、鹿島アントラーズがサンフレッチェ広島に3-1で勝利した。

石井正忠前監督の解任に伴い、今節より指揮を執った鹿島の大岩剛新監督はJリーグ公式ホームページのコメントで、同試合を総括している。

「前半から選手たちが戦う姿勢を見せてくれて、良い入り方ができました。後半は少し苦しみましたが、ゲームを終わらせることができたので、一定の評価を下しても良いのではないかと感じています。(今日の試合では)チームのコンセプトをもう一回思い出すということ、自分たちがボールを保持しているときにシンプルに動かすということを意識しました。チャンスがあれば積極的にボールホルダーを追い越していく、そういう動きができれば相手にプレッシャーを与えることができますし、自分たちの長所である速い攻撃をもっともっと促すことができるんじゃないかと思い、それを選手に強く伝えて試合に送り出しました」

前線からの果敢なプレスで試合開始から主導権を握った鹿島。相手のパスコースを限定して最終ラインからのビルドアップを封じたことが奏功し、セカンドボールをことごとく回収してみせた。また、攻撃面では中村充孝やレアンドロが巧みなフリーランニングで広島守備陣を翻弄。前半の段階で(2選手合わせて)3得点を挙げ、試合の趨勢を決定づけた。短い準備期間のなかで選手たちからハードワークを引き出すことに成功した大岩監督だが、今後もチームを昇華させることができるだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

Yahoo!ニュースからのお知らせ