ここから本文です

安倍首相、加計学園問題をめぐり国会 で「印象操作だ」を連発 委員長が注意

6/5(月) 12:55配信

BuzzFeed Japan

「総理のご意向」などと記した文書の存在をめぐり、議論を呼んでいる学校法人「加計学園」の問題。野党は前川喜平・文科前事務次官の証人喚問や文書などの再調査を求めているが、与党や政府側は応じていない。【BuzzFeed Japan / 籏智広太】

6月5日午前の国会、決算行政監視委員会では関連した質問が民進党など野党から相次いだ。安倍首相が「印象操作」だなどと反論する場面もあった。

その火種になったのは、1枚の写真だ。

2015年12月、安倍首相と学園の加計孝太郎理事長(左端)とともにワイングラスを掲げる写真。安倍昭恵夫人のFacebookに掲載されている。

加計学園で監事を務めていたことについて、宮崎岳志議員(民進)から問われた安倍首相。質問に答える前に、写真が印刷されたパネルを出されたことを批判し、強い口調で「印象操作だ」と何度も繰り返した。

たとえば、こんな内容だ。

「重ねて申し上げますが、友人であることと、この政策に関与したことは別問題。そういう写真を出して印象操作を一生懸命しておられるが、賢明な国民はこれが別だとよく理解している」

「だいたい、本当に悪巧みをしようとしたら、そんな写真なんか出しませんよ。3秒くらい考えればわかることなんだろうと思います」

さらに宮崎議員が掲げたパネルについて、こう批判した。

「ずっとテレビに映してね。そこに写っている他の方々に印象を被せることは、普通常識があったらしていない。Facebookで出すことと、NHKの中継に出すことは違う。最低限の人間としての常識は持とうじゃないでしょうか」

最後質問への答弁に至るまでに時間がかかったため、玄葉光一郎委員長(民進)からは2度「質問にお答えください」との注意があった。

もともととの質問に対する答弁は、こうだ。

「20年以上前のことだからはっきりした記憶はないが、当選当初から数年間監事をしていた。1年間に1~2回意見を申し上げた。報酬は1年間で14万円。記憶では確定申告もしっかりした」

1/3ページ

最終更新:6/5(月) 13:45
BuzzFeed Japan