ここから本文です

ムラデノビッチが前年女王のムグルッサを倒して8強 [全仏テニス]

6/5(月) 0:54配信

THE TENNIS DAILY

「全仏オープン」(フランス・パリ/本戦5月28日~6月11日/クレーコート)の女子シングルス4回戦で、第13シードのクリスティーナ・ムラデノビッチ(フランス)が前年の優勝者で第4シードのガルビネ・ムグルッサ(スペイン)を6-1 3-6 6-3で破り、地元フランスで8強入りを果たした。試合時間は1時間59分。

ツアー初タイトルはムラデノビッチ、プティンセバの“大逆転劇”終わる [サンクトペテルブルク・レディース・トロフィ]

 両者は2015年4月にマラケシュ(WTAインターナショナル/クレーコート)の2回戦で初対戦し、ムラデノビッチが7-6(4) 7-6(6)で勝っていた。

 全仏オープンに9年連続出場となるムラデノビッチは、過去3度の3回戦進出がこれまでの最高成績だった。昨年は3回戦で、セレナ・ウイリアムズ(アメリカ)に4-6 6-7(10)で敗れていた。今シーズンは2月にサンクトペテルブルク(WTAプレミア/室内ハードコート)でシングルスでのWTAツアー初優勝、前哨戦のマドリッド(WTAプレミア・マンダトリー/クレーコート)を含む3大会で準優勝を果たすなど、世界ランク自己最高の14位で今大会を迎えている。

 ムラデノビッチは準々決勝で、第10シードのビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)と第30シードのティメア・バシンスキー(スイス)の勝者と対戦する。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:PARIS, FRANCE - JUNE 04: Kristina Mladenovic of France celebrates victory in the ladies singles fourth round match against Gabine Muguruza of Spain on day eight of the 2017 French Open at Roland Garros on June 4, 2017 in Paris, France. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

最終更新:6/5(月) 0:58
THE TENNIS DAILY