ここから本文です

もはや虚言!? 私生活「盛りすぎ」エピソード集

6/5(月) 11:30配信

TOKYO FM+

近ごろ、「盛る」という言葉をよく耳にします。ご飯や毒じゃなく、主に「メイクを盛る」「話を盛る」という使い方。実際よりもキレイに見せたり、大げさに話を膨らませたりすることです。誰もが多少はやってしまう行為ですが、まれに「それ、やりすぎ!」という人も。TOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」の5月31日の生放送では、パーソナリティをつとめるたかみなが、「私生活『盛りすぎ』エピソード」に寄せられたメッセージについて答えてくれました。

◆誰かが何かしらのSNSに登録している昨今。アップする「写真が盛りすぎ」と話題になることも。

「10代の若いうちなら可愛いもんですが、30代女性が加工アプリ使いまくりの自撮り写真をアップしていると引きますね。なんだか、だんだん感覚が鈍ってくるみたいなんですよね。脚とかも細くしちゃってるから背景が歪んでたり(笑)。もう最近は、目のオバケみたいになってて、タイムラインに流れてくるとギョッとしますよ」(30代・男性)

30代だからこそ加工アプリが必要なのでは、とも思いますが、やはり、やりすぎに周囲はドン引き。「盛り」が止められなくなっていることに自分では気づいていないようです。

「あきらかに彼氏がいないのに、手料理写真とともにさりげなく2人ぶんの皿や箸、彼氏いますっぽいアイテムをチラ見せする私の友人。今も婚活中なのに、それは誰に対してのアピール?」(30代・女性)

確かに、婚活中ならその写真は逆効果かも。ただ、ひとりぶんの料理をアップするよりは、にぎやかな食卓を演出したかっただけなのかもしれません。

さらに、番組のリスナーからは、こんな仰天エピソードも。

「女友達が、周囲の結婚圧力に耐えかね、“結婚しているフリ”をするので協力しています。彼女がとても辛そうなので、もうやめるように勧めていますが、今年は子どもが生まれた(ことになっている)ので、出産祝いをあげましたよ(笑)」

このエピソードに「え!? これはすごすぎる!! いつかバレたときに大変だよ~!」と、たかみな。もはや「盛る」も「ウソ」も飛び越えた何かになってしまっていますね。


◆また、「盛りすぎるママ友」のこんなエピソードもあります。

「ママ友のお弁当写真が、盛りすぎ! キャラ弁で “海苔のカットが大変だった”と手作り感をアピールしておきながら、実は最初から切れている市販のキャラ弁用海苔を使っていることがバレバレ。なんでわざわざ見栄をはるのかな~」(30代女性)

「旦那さんが芸能関係であることを何かと話してくるママ友さん。俳優の誰々さんと仲が良いとか、あの芸能一家と家族ぐるみのお付き合いをしてる、とか……。あまりに自慢がしつこいので、そのお宅の小学生の子どもに聞いてみたら“そんな人知らない、会ったことない”とのこと。盛り話は正直な子どもに聞けば、すぐバレるのに……」

ママ友同士での「盛り合い」は、よく聞く話。夫の勤め先や役職などを盛って、女同士でマウンティングしあうというのは、ドラマの中の話だけじゃないのかもしれません。


◆そして、「自分の能力を盛る男性」もちらほら。

「SNSで知り合った男性なんですが、プロフィールに音楽家、ミュージシャンって書かれていて。よく“作曲活動”とか“制作中”という言葉を使っていたので、音楽のお仕事をされている方なんだなーと。で、会ってみたらビックリ、ただの趣味(笑)。っていうか、動画とかを見せられたんですが、正直、趣味以下。よく自分で音楽家なんて書けたもんだなと!」(20代・女性)

プロフィール盛り……ありますよね。自称ミュージシャン、自称イラストレーターたちとホンモノを見分ける能力が、見る側にも必要なのかも。

「ちょっといいな、と思った人とデートをしたんです。最初はなんでも知っていて博識だなと思ったんですけど、だんだん気づいてしまったのが、すべて“知ったか(ぶり)”だということ。カフェで流れていたクラシック音楽をドヤ顔で解説していたのに、全然違う作曲家だったり(笑)。そんなに自分を大きく見せなくてもいいのにと、呆れてしまいました」(20代・女性)

この場合、デート相手だった女性になんとかして振り向いてもらいたかったのかも。そう思うと、少しかわいい気も……? しかし、たかみなは「これ、絶対ヤダ!(笑)。これをかわいいと思う女子いるのかな!? だってその時間ももったいないし、その話を信じてほかの人に自分の知識として話して、それ違うよって言われたら恥ずかしいし、嫌じゃないですか!」と「話を盛る男性」はNGのようでした。


◆昔ながらの「親世代の盛り話」には、こんな意見も。

「僕はサッカーをやっていたんですが、昔、高校サッカーでいいところまで行ったことがあって。僕自身は控えとしてちょっと試合に出るくらいだったのに、父親がその話を盛る、盛る。もう最近では、逆転ゴールを僕が決めたくらいの話になってます。本当にやめてほしいです……」(30代・男性)

息子の活躍を大きく言いたくなるお父さん。ウソはダメですが、こういう気持ちは少しわかる気もしますね。たかみなも、「息子さんを自慢したいお気持ちはわかるんですけど、盛りすぎるとウソになっちゃいますからね(笑)。あと、毎回、自慢話を聞かされると、それに付き合わなきゃいけないっていうのも……。そうなんですか~、すごいですね~って、なんでこっちが気を遣わなきゃいけないのってこと、ありますよね(笑)」とコメントしていました。


話や写真を過剰に盛る人は、「注目されたい」「褒められたい」という感情を強く持っている人だそう。裏を返せば、自分にあまり注目が集まっていないことや、本当は寂しいということをわかっているのかも。見栄を張りたい気持ちは、人間だから誰もが持っているもの。ですが、「盛りすぎ」はまわりからの信用を失います。SNSなどでは自分の投稿を見直し「盛りすぎてないかな?」と冷静に判断することも必要かもしれません。

(TOKYO FM「高橋みなみの『これから、何する?』」)

最終更新:6/5(月) 11:30
TOKYO FM+

Yahoo!ニュースからのお知らせ