ここから本文です

沖縄 週末以降は真夏の暑さに 高温に関する情報

6/5(月) 14:41配信

ウェザーマップ

 5日の沖縄は、沖縄本島地方で晴れている所が多く、名護市で今シーズン初めて気温が30℃以上の真夏日となった。あす6日(火)は梅雨前線の影響を受ける沖縄本島地方や大東島地方で、ぐずついた天気となり、この方面の最高気温は30℃に届かないものの、湿気が多く蒸し暑い状態が続く見込み。
 
 一方、先島諸島は6日以降、晴れる日が多くなり、連日気温が30℃を超える予想だ。週末以降は高気圧が勢力を強めるため、沖縄本島地方を含めて広く晴れて、気温の高い状態が続く見込み。特に10日(土)頃からの1週間は、気温が平年よりかなり高くなるとみられる。このため、沖縄気象台は沖縄地方に「高温に関する異常天候早期警戒情報」を発表して、農作物や体調管理に注意するよう呼びかけている。
 
 最新の1か月予報でも、沖縄地方は来月初めにかけても暖かな空気に覆われやすく、1か月の平均気温が高くなる予想となっている。また、晴れる日が多いため、日照時間は平年並みか多く、降水量は平年並みか少ない見通し。暑さだけでなく、水の管理等にも注意が必要だ。

最終更新:6/5(月) 14:41
ウェザーマップ