ここから本文です

今夜26時から! Apple WWDC 2017で発表されそうなハードウェア・OSアプデの噂まとめ(完全版)

6/5(月) 18:31配信

ギズモード・ジャパン

わくわくしますね!

6月5日~9日(現地時間)に、Appleが世界中に最新のアップデートや新機種をお披露目する、開発者向けイベント「WWDC 2017」が開催されます。

注目の発表に関する画像

WWDC 2016では、watchOS、tvOS、iOS、macOSの大幅アップデート、それに各種サービスの刷新が発表されました。今年も昨年と同様にiOSとmacOSのアップデートが予想されているほか、新しいハードが産声をあげる期待もかなり高まってきています。

これまで、ほぼ15年間はモスコーニ・センターを会場としてきたWWDCですが、今年は特別にAppleの新社屋の近く、カリフォルニア州サンノゼにあるマッケナリー・コンベンション・センターで開催されます。

そしてギズモード・ジャパンでは、今年もWWDC 2017の情報をリアルタイムで更新していく予定です。重大発表が次から次へと繰りだされるキーノートは日本時間の6月6日午前2時からですので、お見逃しなく! 今年も盛りだくさんな内容が予想されているので、さっそくおさらいしましょう。

新型「10.5インチ iPad Pro」登場なるか?

WWDCでは例年、iOSやmacOSなどのソフトウェアアップデートに焦点が当てられてきましたが、今年は新しいハードウェアの誕生にも期待が高まっています。なかでも昨年8月の時点でいち早く「iPad Pro」の新機種が発表される予測を立てたのは、信頼性の高いKGI証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏。

現行モデルの「9.7インチiPad Pro」と「12.9インチiPad Pro」の中間を取った10.5インチ説が有力で、狭額ベゼルが採用されるだろうとも指摘されました。

本体は9.7インチより0.8インチ(2センチ程度)しか大きくならない計算ですが、ベゼルがよりスリム化されることにより、新型「10.5インチiPad Pro」の実際のスクリーンサイズは現行モデルの9.7インチモデルよりもはるかに大きい存在感が得られるのではないかとの憶測が飛び交っています。

価格設定についてはまだ情報がありませんが、現行の9.7インチモデルと近い600ドル(約6万6000円)ぐらいというのが主な憶測です。もし、クオ氏の予測どおりWWDCで発表、即時販売という流れになれば、かなりの購買意欲を掻き立てそうですね。

以下、個別に詳しく取り上げた予想記事です。

1/4ページ