ここから本文です

居眠りで停車ミス 運転士「睡魔に襲われた」 JR津田沼駅

6/5(月) 11:20配信

千葉日報オンライン

 JR千葉支社は4日、3日午後2時55分ごろ、総武快速線逗子発千葉行き下り快速電車(15両編成)の50代の男性運転士が運転中に居眠りし、津田沼駅の所定停止位置の30メートル手前で停車させるミスが起きたと発表した。

 運転士は「津田沼駅進入中にブレーキをかける途中の数秒間、睡魔に襲われた」などと話しているという。車掌が誤停車に気付き、停止位置の修正などを行い、8分遅れで同駅に到着した。他の電車への影響はなかった。