ここから本文です

「どんな水着だって着るし、バナナだってくわえる!」今闘えるアイドル・伊藤麻希が週プレに激怒!

6/5(月) 17:00配信

AbemaTIMES

所属選手がアイドル的な人気を持ち、“筋肉アイドル”才木玲佳など芸能人が本格的に参戦することでも話題の東京女子プロレスが好調だ。
6月4日に開催された新宿FACE大会も超満員。ここでは、伊藤麻希vs滝川あずさの“アイドル対決”もマッチマイクされていた。伊藤は先日、中野サンプラザ公演を成功させたアイドルグループ・LinQのメンバー。対する滝川は女子アナになりたくて東京女子プロレスに入団したという謎の経歴を持つが、10年ほど前には地下アイドル・Aime(エイム)として活動していた。

リングでは“奇跡の復活”を果たしたAimeのミニライブも。「19歳と125ヶ月」にしてアイドルオーラ全開だった滝川だが、試合が始まるとLinQのCDを“人質”に取ったり、業界一顔がデカいと言われる伊藤の顔面を集中攻撃したりとエグさを見せる。一方の伊藤も滝川を会場ロビーに追い出し、ドアを閉めきってリングアウト勝ちを狙う頭脳プレー。
アイドルのパブリックイメージを全面的に破壊する、感情むき出しの闘いは両者リングアウトとなり、ともにシングルマッチ初勝利はおあずけとなった。

試合後、再びリングに登場した伊藤は8.26後楽園ホール大会の告知を済ませると怒りの表情に。そのターゲットは、アイドルのグラビアも掲載される雑誌・週刊プレイボーイだった。
2週前にLinQが掲載、先週は女子プロレス特集があった週プレだが、「伊藤は呼ばれてない!」とうのが怒りの原因。宣伝部長としてチケットを500枚売り、LinQ中野サンプラザ成功の立役者にもなった自称スーパーアイドルかつ「女子プロレス界で一番可愛い」選手だけに、プライドが許さなかったのだろう。

過去、『豆腐プロレス』に出演する松井珠理奈にさえ「アイドルがプロレスやるなら先輩の伊藤に挨拶するべき」と挑発し、その勢いで「秋元康、伊藤を『豆腐プロレス』に出せ!」とアピールしただけに怖いものはない。
週プレに関しても「伊藤なら巻頭カラーでいける」と自信満々。「どんな水着だって着るしどんなバナナだってくわえる!」という、屈折したグラビア観を持つ伊藤のクレーム&アピールは果たして実るのか。

1/2ページ

最終更新:6/5(月) 17:00
AbemaTIMES