ここから本文です

福島県職員、アロハで業務 「IWAKIスタイル」爽やかに

6/5(月) 10:54配信

福島民友新聞

 福島県いわき市の県いわき地方振興局など同振興局管内の県関係機関で1日、職員がアロハシャツにスニーカー姿で業務に当たる「IWAKIスタイル」が始まった。県は「いわきらしさと健康づくりを発信して皆さんの関心を高められれば」と話している。10月31日まで。
 県が推奨する県民運動「ウオークビズ」といわき市が取り組む「アロハシャツ着用」を組み合わせた新提案で、管内の県職員425人を対象に展開している。同振興局企画商工部のフロアは、IWAKIスタイルの職員で爽やかな雰囲気に包まれた。
 9月30日までの水、金曜日を原則着用とし、夏祭り期間の7月22日~8月8日は毎日着用を推進して「いわきの夏」を盛り上げる。

福島民友新聞

最終更新:6/5(月) 10:54
福島民友新聞