ここから本文です

23歳ティエム 全仏OP2年連続8強、世界65位に快勝<男子テニス>

6/5(月) 8:01配信

tennis365.net

全仏オープン

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は4日、男子シングルス4回戦が行われ、第6シードのD・ティエム(オーストリア)が世界ランク65位のH・セバリョス(アルゼンチン)を6-1, 6-3, 6-1のストレートで下し、2年連続のベスト8進出を果たした。

【錦織vsベルダスコ 1ポイント速報】

この日、ファーストサービスが入った時に92パーセントの高い確率でポイントを獲得したティエムは、7度のブレークに成功して1時間39分で勝利した。

準々決勝では、第2シードのN・ジョコビッチ(セルビア)と対戦する。ジョコビッチは、4回戦で第19シードのA・ラモス=ヴィノラス(スペイン)をストレートで下しての勝ち上がり。

23歳のティエムは今大会、初戦でB・トミック(オーストラリア)、2回戦で予選勝者のS・ボレッリ(イタリア)、3回戦で第25シードのS・ジョンソン(アメリカ)をいずれもストレートで破って4回戦に駒を進めている。

昨年の全仏オープンでは、A・ズベレフ(ドイツ)やD・ゴファン(ベルギー)らを下して四大大会初のベスト4進出を果たしていた。

今季は、2月のリオ・オープン(ブラジル/リオデジャネイロ、レッドクレー、ATP500)でタイトルを獲得。バルセロナ・オープン・バンコ・サバデル(スペイン/バルセロナ、レッドクレー、ATP500)とムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)では2大会連続で準優勝を飾った。

tennis365.net

最終更新:6/5(月) 8:01
tennis365.net