ここから本文です

【インディカー】第8戦デトロイト:ポールポジションから4位でフィニッシュした佐藤琢磨「ミスはひとつもなかった」

6/5(月) 11:50配信

motorsport.com 日本版

 デトロイトのベル・アイル・パークで行われた、インディカーシリーズ第8戦デトロイトGP・レース2。アンドレッティ・オートスポートの佐藤琢磨はポールポジションを獲得。決勝は4位となった。

【写真】道頓堀のグリコサインで佐藤琢磨のインディ500優勝を祝福。渋谷スクランブル交差点でも!

 インディ500激闘の興奮も冷めやらぬまま、翌週にダブルヘッダーでストリートコースでのレースが行われるという多忙なスケジュールの中、佐藤琢磨はレース2でも速さを見せ、予選ではポールポジションを獲得した。しかし、決勝ではレースペースで遅れをとり徐々にポジションを落とす結果に。最終的に4位で終えた。

 レース後、佐藤琢磨は次のようにコメントを発表している。

「手堅い結果を残すことができました。チームは素晴らしい仕事をしてくれました。できることはすべてやり、ミスはひとつもありませんでしたが、今日はスピードが十分ではありませんでした。予選でフロントロウを獲得できたことは誇りに思っており、シーズンの残りレースも懸命に努力するつもりです。4位でフィニッシュできたおかげでポイントを獲得し、チャンピオン争いにも留まることができました。決勝でスピードが伸び悩んだ理由を解明する必要がありますが、いずれにしてもすべてのデータを見直すつもりです。今日はいい1日でした」

 次戦の第9戦テキサスは、オーバルでのナイトレースとなる。決勝は6月10日(土)(日本時間11日午前9時30分)に、テキサス・モーター・スピードウェイで行われる。

※コメントはアンドレッティ・オートスポーツのプレスリリース日本語訳より抜粋