ここから本文です

宮本愛弓と永田杏里は1回戦でシード勢に敗退 [全仏テニス・ジュニア]

6/5(月) 7:30配信

THE TENNIS DAILY

「全仏オープン」(フランス・パリ/本戦5月22日~6月5日/クレーコート)の大会8日目は、ジュニアの部のシングルス本戦がスタートした。

日本代表の永田杏里が優勝し本戦出場権獲得、白石光は惜しくも準優勝 [全仏オープン・ジュニア・ワイルドカード選手権 パリ決勝大会]

 女子の日本勢は本玉真唯(S.ONE)、内藤祐希(TEAM YONEZAWA)、宮本愛弓(ローズヒルテニスクラブ)、佐藤南帆(有明ジュニアテニスアカデミー)、永田杏里(チェリーテニスクラブ)の5人がシングルスに出場しており、本玉は第16シードで臨む。

 この日は宮本と永田がシングルス1回戦に登場したが、宮本が第15シードのマリア カメリア・オソリオ セラーノ(コロンビア)に6-3 4-6 3-6で、永田は第11シードのエレナ・リバキナ(ロシア)に5-7 1-6で敗れた。

 永田は「全仏オープン・ジュニア2017 ワイルドカード選手権大会 日本予選」(神奈川県・横浜カントリー&アスレティッククラブ/2月28日~3月2日)を制して勝ち進んだパリ決勝大会で優勝し、本戦のワイルドカード(主催者推薦枠)を獲得して出場していた。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)

     ◇   ◇   ◇

【ジュニア女子シングルス1回戦】

●58宮本愛弓(ローズヒルテニスクラブ)6-3 4-6 3-6 ○57マリア カメリア・オソリオ セラーノ(コロンビア)[15]

●55永田杏里(チェリーテニスクラブ)[WC] 5-7 1-6 ○56エレナ・リバキナ(ロシア)[11]

--------------------

【ジュニア女子シングルス1回戦 組み合わせ】

41本玉真唯(S.ONE)[16] vs 42フランチェスカ・ジョーンズ(イギリス)

29内藤祐希(TEAM YONEZAWA)vs 30ヤスミン・マンスーリ(フランス)

3佐藤南帆(有明ジュニアテニスアカデミー)vs 4エリシア・ボルトン(アメリカ)

--------------------

【ジュニア女子ダブルス1回戦 組み合わせ】

16本玉真唯/内藤祐希(S.ONE/TEAM YONEZAWA)[7] vs 15リュドミラ・ベンシェック/マノン・レオナール(フランス)

21宮本愛弓/ワン・シユ(ローズヒルテニスクラブ/中国)vs 22ワレリヤ・デミノバ/バルバラ・グラチェバ(ロシア)

10永田杏里/エカテリーナ・ヴィシネフスカヤ(チェリーテニスクラブ/ロシア)vs 9テイラー・ジョンソン/クレア・リュー(アメリカ)[3]

30佐藤南帆/チェン・ペイシュアン(有明ジュニアテニスアカデミー/台湾)vs 29パウラ・アリアス マニョン/オルガ・ダニロビッチ(スペイン/セルビア)

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:6/5(月) 7:30
THE TENNIS DAILY