ここから本文です

【速報】錦織 逆転勝ちで全仏OP2年ぶり8強、準々決勝は王者マレー<男子テニス>

6/5(月) 23:12配信

tennis365.net

全仏オープン

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は5日、男子シングルス4回戦が行われ、第8シードの錦織圭が世界ランク37位のF・ベルダスコ(スペイン)を0-6, 6-4, 6-4, 6-0の逆転で下し、2年ぶり2度目のベスト8進出を果たした。準々決勝では、第1シードのA・マレー(英国)と対戦する。

【錦織vsマレー 1ポイント速報】

この試合、1ゲームも奪えずに第1セットを落とした錦織は、第2セットに入ると第1ゲームでブレークに成功。続く第2ゲームではブレークバックされたが、第9ゲームで再びベルダスコのサービスゲームを破り、セットカウント1-1に追いつく。

第3セット、錦織は苦しみながらも第3ゲームで先にブレークに成功する。第6ゲームでブレークバックを許したが、直後の第7ゲームで再びベルダスコのサービスゲームを破ってこのセットを奪い、ベスト8進出に王手をかける。

第4セット、錦織が第1ゲームでまたも先にブレークに成功。徐々に本来のストロークを取り戻した錦織が、リードを守りきって接戦を制した。

準々決勝で対戦する王者マレーとは今回が11度目の対戦で、錦織の2勝8敗。昨年のATPワールドツアー・ファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)予選ラウンドロビンでは逆転で敗れた。

世界ランク1位のマレーは、4回戦で世界ランク53位のK・カチャノフ(ロシア)をストレートで下しての勝ち上がり。

錦織は3回戦で世界ランク67位のチョン・ヒョン(韓国)との2日間におよぶ接戦を制して4回戦に駒を進めていた。

一方、敗れた33歳のベルダスコは、全仏オープン初のベスト8進出とはならなかった

tennis365.net

最終更新:6/5(月) 23:27
tennis365.net