ここから本文です

マレーが新鋭カチャノフをストレートで退け準々決勝へ [全仏テニス]

6/5(月) 21:50配信

THE TENNIS DAILY

「全仏オープン」(フランス・パリ/本戦5月28日~6月11日/クレーコート)の男子シングルス4回戦で、第1シードのアンディ・マレー(イギリス)がノーシードから勝ち上がってきた21歳のカレン・カチャノフ(ロシア)を6-3 6-4 6-4で下してベスト8進出を決めた。試合時間は2時間4分。

パリはナンバーワンになった場所「いい一年を送れるようにトライする」とマレー [全仏オープン]

 両者は今回が初対戦。今大会初出場で3度目のグランドスラム本戦だった新鋭カチャノフは、1回戦で予選勝者のニコラス・ジャリー(チリ)を6-4 3-6 7-6(4) 6-1で、2回戦で第13シードのトマーシュ・ベルディヒ(チェコ)を7-5 6-4 6-4で、3回戦では第21シードのジョン・イズナー(アメリカ)を7-6(1) 6-3 6-7(5) 7-6(3)で破って勝ち上がっていた。

 全仏オープンに4年連続10度目の出場となるマレーは、昨年の大会で初の決勝進出を果たし、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)に6-3 1-6 2-6 4-6で敗れていた。

 マレーは準々決勝で、第8シードの錦織圭(日清食品)とフェルナンド・ベルダスコ(スペイン)の勝者と対戦する。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:PARIS, FRANCE - JUNE 05: Andy Murray of Great Britain hits a backhand during the men's singles fourth round match against Karen Khachanov of Russia on day nine of the 2017 French Open at Roland Garros on June 5, 2017 in Paris, France. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

最終更新:6/5(月) 21:50
THE TENNIS DAILY