ここから本文です

北朝鮮が中国を名指しで批判

6/5(月) 10:51配信

ホウドウキョク

北朝鮮は、国連の安全保障理事会が新たに採択した制裁決議について、アメリカと中国を名指しして批判した。
北朝鮮外務省は、スポークスマン談話を発表し、国連安保理が2日に採択した制裁決議について、「悪辣(あくらつ)な敵対行為であり、全面排撃する」と非難した。
特に今回の制裁決議を「アメリカと中国が長い間協議して作った決議案を、強圧的に通過させた」と、アメリカに加えて中国も名指しで批判した。
さらに、「いかなる制裁、圧力を加えようとも、核戦力強化の道から1歩も引かない」として、核・ミサイル開発を推進していく姿勢をあらためて強調した。

最終更新:6/5(月) 10:51
ホウドウキョク