ここから本文です

福島第1廃炉などで日米協力確認

6/5(月) 18:06配信

ホウドウキョク

福島第1原発の除染や廃炉で、引き続き協力することを確認した。
アメリカのペリー・エネルギー長官は5日、世耕経済産業相と会談し、東京電力の福島第1原発に関し、「現政権でも除染や廃炉など、できる限り支援をしたい」と述べた。
また、パリ協定からの離脱表明について、ペリー長官は、「アメリカは引き続き環境問題に取り組み続ける」と表明し、世耕経済産業相は「脱退表明は残念だが、発言は心強く思う。さまざまなエネルギー分野で協力していこう」と応じたという。
東芝の経営再建問題では、これまで通り、日米政府間で情報共有をしていくことで一致し、日米原子力協力の礎を揺るがすことになってはならないことを確認した。

最終更新:6/5(月) 18:06
ホウドウキョク