ここから本文です

セブン-イレブン シニア向け仕事説明会

6/5(月) 21:01配信

ホウドウキョク

60歳以上のシニア、およそ100人が参加した。
セブン-イレブンは、東京・中野区と共同で、働く意欲のある高齢者向けの説明会を開いた。
レジ打ち体験も行われ、初めての作業に、慣れない手つきで奮闘する姿が見られた。
参加者は「(お客様と)お話しするのや、対面するのが楽しいかなって」と話した。
参加者からは、「元気なうちは、働いて社会とつながっていたい」という声が聞かれた。
セブン-イレブン・ジャパン ゾーンマネジャー・飯沼一丈さんは「シニアの方は責任感があり、安心感があり、ほかの従業員の見本になるケースが多い」と話した。
セブン-イレブンは、今後も自治体と連携しながら、シニア層の雇用を積極的に進めていきたいとしている。
ファミリーマートやローソンも、シニア層に加え、主婦が働きやすい環境を整えるなど、コンビニ業界は、人手不足への対応を強化する方針。

最終更新:6/5(月) 21:01
ホウドウキョク