ここから本文です

川沿いに千株 秦野、「つるまきあじさい遊歩道まつり」

6/5(月) 11:03配信

カナロコ by 神奈川新聞

 「つるまきあじさい遊歩道まつり」が4日、秦野市鶴巻地区の大根川と善波川沿いで開かれた。今年で3回目。アジサイは平均二~三分咲きだったが、好天に恵まれ、ハイキングを楽しむ市民らでにぎわった。

 アジサイは22年前、地元住民が不法投棄を防ごうと植栽を始め、現在は二つの川沿いの遊歩道約2.7キロに約千株が植えられている。

 小田急線鶴巻温泉駅から会場を目指すハイキングに70人が参加したほか、模擬店が軽食などを販売した。ただ、今年は暑さや雨不足などで開花が1週間ほど遅れたため、花の見ごろは今月中旬の見込みという。

 当初から植栽に携わる鶴巻あじさい遊歩道美化の会の会長(89)は「これからもアジサイを増やしていきたい」と話していた。