ここから本文です

映画「光」主演の永瀬正敏「すべての人へのラブレター」

6/5(月) 12:00配信

Lmaga.jp

先日の『カンヌ国際映画祭』でエキュメニカル審査員賞を受賞した映画『光』。その舞台挨拶が3日、大阪市内でおこなわれ、監督・演出・編集を手掛けた河瀬直美監督と主人公・雅哉役の永瀬正敏が登壇。受賞直後の心境や本映画にかける思いを熱く語った。

【写真】前作「あん」舞台挨拶で河瀬監督を攻める女優・樹木希林

本作品制作のきっかけは、河瀬監督が前作の『あん』で視覚障害者向けの音声制作会社の人たちから映画への愛を感じたから。視力を失っていく雅哉と、視覚障がい者向けに映画音声ガイドを制作する美佐子のラブストーリーになっている。満場一致で「エキュメカル審査員賞」を受賞となった本作品。受賞の第一報を聞いたのは永瀬だったそう。

そのとき、「香水で有名な町でリゾート気分を楽しんでいました」という河瀬監督。「最高賞のパルム・ドール発表のときには会場から『ルミエール(光)!』と声が上がり、見てくださった人々に何かを残せたと思う。本当に最高でした」と、感慨深くその瞬間をふり返った。

劇中、子どもと遊ぶ雅哉の表情のあたたかさ、憂いさを見た美佐子が心を惹かれるシーンが印象的な本作。「この映画は特定の人だけでなく、生きているすべての人に対するラブレター。その理由を劇場に来て知ってほしい」と力強く語った永瀬。映画は、梅田ブルク7ほかで上映中。

取材・文・写真/岡田由佳子

最終更新:6/5(月) 12:00
Lmaga.jp