ここから本文です

南砺市が全国10位 低収入でもハッピーに暮らせる町

6/5(月) 22:24配信

北日本新聞

 南砺市は、ビジネス誌「プレジデント」6月12日号の企画「低収入でもハッピーに暮らせる町全国トップ10」で第10位に選ばれた。田中市長が会見で報告した。

 地方の移住先として話題を集めている全国の市町村から、同誌が生活コストの安さなどの暮らしやすさを軸に選んだ。南砺市は、待機児童がいないことや、市外から転入して中古住宅に住む場合、60万円と、1人当たり5万円の家族加算が支給されることが紹介されている。

 田中市長は「(評価には)地域のつながりなどお金には代えられない魅力も含まれていると思う。あらためて婚活、移住定住の促進にしっかりと取り組んでいきたい」と述べた。

 1位は高知県本山町、2位は岐阜県飛騨市、3位は福岡県糸島市だった。

北日本新聞社

最終更新:6/5(月) 22:24
北日本新聞