ここから本文です

マクラーレンF1「空力アップグレードの成功率は95パーセント」。今後の大きな向上に自信

6/5(月) 8:10配信

オートスポーツweb

 マクラーレンのレーシングディレクター、エリック・ブーリエは、今シーズン、空力面のアップデートの成功率は95パーセントに及ぶとして、今後のMCL32の向上に大きな自信を抱いている。

2017年F1第5戦スペインGP フェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ)が予選7位を獲得。トップ3ドライバーとともにインタビューを受ける

 2017年、マクラーレン・ホンダはプレシーズンテストから信頼性とパフォーマンス不足に苦しみ、第6戦終了時点でいまだにノーポイントでコンストラクターズ選手権最下位に沈んでいる。

 しかしブーリエによると、車体側のアップグレードは概ね期待どおりの成果を出しているという。スペインGPでは大量の新しい空力パーツを導入、ホンダも燃料およびインテークシステムに10bhp向上に値する改善を行い、フェルナンド・アロンソが今季初の予選Q3進出を果たし、7番グリッドを獲得した。

 モナコにマクラーレンはさらなるアップデートを投入。アロンソの代役ジェンソン・バトンとストフェル・バンドーンは揃って予選Q3に進んだ。

 スペインとモナコでは決勝で結果につなげることができなかったものの、ブーリエは、空力パフォーマンスに向上が見られ、マクラーレンの開発の方向性は正しいとの確信を得たと述べている。

「非常に満足している。目指していたステップアップを達成できているのだ」とブーリエ。

「相関精度は非常に高い。予想の95パーセントがうまくいっている。素晴らしいと思う」

「自分たちのプロセスを信じることができる。空力、シャシー、サスペンション、すべてが作業に従って進行している」

「何か大きな作業を行う際には、どうなるか予想がつくのだ」

「ある程度狂いが生じるのが自然な傾向だが、新しいプロセスにおいて、達成したいと思っていたことを達成できているので、満足している」

「自分たちが行っている作業の方向性を信じることができる」

 スペインとモナコで2段階にわたって行ったアップグレードによって、マクラーレンのシャシーパフォーマンスは中団チームをしのぐレベルに到達していると、ブーリエは確信しているという。
 ブーリエは、モナコで速さを見せたトロロッソSTR12は非常にドラッグが大きく、一般的なサーキットでは苦しむものと予想しているが、フォース・インディア、ウイリアムズ、ハース、ルノーは優れたエンジンパフォーマンスが有利に働くと考えている。

 MCL32の今の仕様が、今シーズン中の今後の空力開発の方向性を決めるベースとなると、ブーリエは語った。

「基準を定めることができた。これまで何を成し遂げてきたか、理解している。手順やプロセスがうまく機能するかどうかを確認することが、チーム内における目標だった。機能することが確認できたので、自分たちには次の目標を達成する力があると自信を持っている」

「マシン開発は今後も進めていくが、今のプラットフォームには満足だ」

[オートスポーツweb ]