ここから本文です

WRC:2度の世界王者カルロス・サインツ、苦戦続くシトロエンへの協力に名乗り。「挑戦しがいがある」

6/5(月) 16:23配信

オートスポーツweb

 WRC世界ラリー選手権で2度のワールドチャンピオンに輝いているカルロス・サインツは、シトロエンの2017年型WRカーが抱えるサスペンショントラブルの解決に協力する意思を明かした。

【写真】シトロエン時代、カルロス・サインツがドライブしたクサラWRC

 2016年シーズンを開発期間にあて、新型のC3 WRCでシリーズに挑んでいるシトロエン。最大のライバルであったフォルクスワーゲンが2016年限りで活動を終了したこともあり、シーズン開幕前はチャンピオン最有力と目されていた。

 しかし、今季これまで行われた6戦のうちシトロエンが勝利したのは第3戦メキシコのみで、チームランキングでは最下位の4番手に甘んじている。

 この不振の原因とされているのが、シトロエンが自ら開発したサスペンション。チームとしてサスペンションのセッティングに苦労していることが、タイムを上げられない要因とされている。

 2003年にセバスチャン・ローブ、コリン・マクレーとともにクサラWRCをドライブし、“ドリームチーム”の一角を担ったサインツは、5月18~21日に行われた第6戦ポルトガルの現場で、シトロエンのエースドライバーであるクリス・ミークとマシンセットアップについて、さまざまな会話を交わしたという。


「数年前のインタビューを見返してもらえば分かると思うが、私は以前からFIAにより軽く、パワフルで、エアロダイナミクスも考慮したWRカーを投入するよう求めてきた」とサインツ。

「FIAが車両規則を変更して、(自身が求めてきた)WRカーが現実になると聞いた時は嬉しく思った」

「残念ながら、私自身はこういったマシンをドライブした経験はないが、シリーズとラリーにとっては重要な決断だった」

「そして私自身、2017年型マシンをドライブすることに強い興味を抱いている。シトロエンが興味をもつか話をする必要がありそうだ」

 現在、サインツはシトロエンを離れ、同じPSAプジョーシトロエングループに属するプジョーに所属。ダカールラリーなどのクロスカントリーラリーを主戦場としている。

 シトロエンC3 WRCが抱えるサスペンショントラブル解決に力を貸せるか問われたサインツは「私はPSAプジョーシトロエングループのために働いている。彼らの判断に任せるよ」と応じた。

「個人的にはWRカーをドライブできれば嬉しいし、チームにとっては異なるドライバーから新たな意見を吸い上げるチャンスになる」

「それに私が数年前までフォルクスワーゲン・ポロR WRCの開発に携わっていたことも忘れないで貰いたいね」

「なによりマシンを可能な限り速いものに仕上げる作業は、挑戦しがいのあるミッションだよ」

 シトロエン・モータースポーツのイブ・マトン代表は、現時点でレギュラードライバー以外を起用した走行は予定していないとしたものの、サインツの経験はチームにとって価値があるものだと語った。

「カルロスはPSAの一員だから、仮に誰かドライバーを招集する場合でも、もっとも敷居が低い人物だ。残念ながら今のところ、そういった予定はないがね」とマトン。

「プジョーに加入する前、彼はポロR WRCの開発に携わっているし、ラリーについては莫大な知識と経験がある。加えて、ラリーカーの開発の仕方も熟知している人物だよ」

[オートスポーツweb ]