ここから本文です

献花式、古式ゆかしく 小松天満宮、360周年で

6/5(月) 1:11配信

北國新聞社

 小松天満宮創建360周年記念献花式は4日、小松市天神町の同天満宮にある加賀藩ゆかりの能舞台で営まれた。生け花の古流が江戸の加賀藩上屋敷と縁が深かった縁で、古流柏葉会小松能美支部が古式ゆかしく花を生け、天満宮がまつる加賀藩3代藩主前田利常をしのんだ。

 同支部のメンバー約20人が梅や松、紅白のシャクヤク、キクなどの花材を、赤と黒色の花器に生けた。献花式に先立ち、古流柏葉会の廣岡理樹家元が神前にツバキを使った彩流華を生けた。

北國新聞社

最終更新:6/5(月) 1:11
北國新聞社

Yahoo!ニュースからのお知らせ