ここから本文です

グリエーズマンがA・マドリー残留を宣言!「新たな美しいシーズンをともに」

6/5(月) 10:58配信

ゲキサカ

 アトレティコ・マドリー‎に所属するFWアントワーヌ・グリエーズマンが残留を明言した。『テレフット』で語った内容を『ESPN』が報じている。

 A・マドリーがスポーツ仲裁裁判所(CAS)から1年間の補強禁止処分を受けたことから、グリエーズマンは残留を決断した様子。関係者が『ESPN』に語ったところによれば、獲得に乗り出していたマンチェスター・ユナイテッドも諦めたという。

 本人は4日に『テレフット』で「残留する意志を伝えたよ」と明かし、「(何度も将来について聞かれたりすることには)かなりイライラさせられたけどね」と振り返りつつ残留を明言。

「クラブにとってもチームメイトたちにとっても難しい状況だ。ここで僕がA・マドリーを去ってしまったら、とても大きな痛手になるだろう。新たな美しいシーズンを共に始めようじゃないか」

最終更新:6/5(月) 14:46
ゲキサカ