ここから本文です

FC東京8か月退団&無得点のストライカー、来季リーガ1部の切符つかむ

6/5(月) 15:50配信

ゲキサカ

 リーガ・エスパニョーラ2部第41節が4日に開催され、ジローナはサラゴサとスコアレスドローに終わったが、自動昇格圏内の2位を確定させ、クラブ87年の歴史で初の1部昇格を果たした。

 ジローナには元FC東京のFWサンダサが所属。同選手は2015年7月にFC東京に加入したが、日本サッカーに馴染めず、公式戦ノーゴールのまま2016年3月に契約解除が発表された。その後、フリー期間を経て同年7月に古巣のジローナに復帰。今季はチーム2位の9得点を挙げる活躍を見せ、昇格に大きく貢献した。

 リーガ2部は最終節を残して自動昇格枠が埋まり、残る1つの椅子は3位から6位のチームで行うプレーオフによって決定。MF柴崎岳の所属するテネリフェは現在5位につけている。

最終更新:6/5(月) 15:54
ゲキサカ