ここから本文です

“自信を手にした”久保裕也、一番の理想は「結果を出して貢献」

6/5(月) 20:24配信

ゲキサカ

 7日シリア戦、13日のロシアW杯アジア最終予選イラク戦に向けて日本代表全26選手が集結。FW久保裕也(ゲント)は「いよいよという感じ。全員そろい、代表という感じが出てきたし、試合に向かう姿勢があるなと感じる」と話した。

 今季途中に移籍加入したゲントではゴールを量産。リーグ戦7試合5ゴールを記録するだけでなく、プレーオフでは10試合6ゴールという数字を残した。欧州で結果を残し、「積極的になれていると思うし、自分の中でも良い自信がついている」と胸を張るが、自身がやるべきことには「特に変化はない」と語った。

「とにかくチームに貢献したい。自分が結果を出して貢献できるのが一番の理想なので、そうなるようにやっていきたいというのは変わりません」。自身がゴールを奪い、チームに勝利をもたらせられるようにと、今までどおりに試合に挑む。

 最終予選前に行われるシリア戦。確認すべき点として、「同サイドの選手や近場のポジションの人とうまくコンビネーションを合わせていけたらいい」と周囲との連係向上を目指しつつ、「自分がボールを持ったときにドンドン仕掛けていきたい」とゴールへの意欲を示した。

最終更新:6/5(月) 22:01
ゲキサカ