ここから本文です

“29歳の新人”宇賀神「年齢的にラストチャンス。ガンガンやる」

6/5(月) 21:00配信

ゲキサカ

 初代表の合流初日は、前日にJリーグの試合があったため、クールダウンで終了した。「『初めまして』の選手が半分くらいいるので、昼ご飯のときに全員に挨拶した」という日本代表初選出のDF宇賀神友弥(浦和)は「緊張はないけど、人見知りだから若干気まずい」と苦笑いを浮かべた。

 とはいえ、意気込みは十分。「年齢的にも間違いなくラストチャンスなので、練習からガンガンやっていきたい」と力強い。

 29歳での初招集だ。中学1年から浦和の下部組織でプレーしていたが、年代別代表に選ばれた経験がないどころか、高校卒業時にはトップチーム昇格を果たせず、流通経済大へ進学。大所帯の大学でも1年のときは3軍、4軍でプレーしていた。大学卒業と同時に浦和に加入したが、これまではアジア予選の予備登録メンバー入りが“最高位”。今回、初めて日の丸を背負うことになった。

 合流初日にはハリルホジッチ監督から直接、「長く見ていたし、最近のパフォーマンスを考えても日本代表にふさわしい選手だからここにいる。自信を持ってやりなさい」との言葉も受けた。自らを「頭を使ってサッカーをやる部分では秀でていると思う」と自己分析する宇賀神は指揮官の声に耳を傾けながら、「まずは監督がやりたいサッカーと、自分が何を求められているかを感じることが一番。それを考えながらやりたい」と、代表で生き残るための方向性を定めている。

 日本代表では左サイドバックでポジションを争うことになる。「自分がサイドバックをやるなら、原口(元気)選手や乾(貴士)選手と前を組むことが多いと思うし、センターバックなら槙野くんや昌子選手がいる。選手の特徴を把握しながら、その選手がどれだけ気持ちよくプレーできるかを自分は常々考えている。代表でもそこを考えながらプレーしたい」と意気込んだ。

 下部組織時代からの後輩であり、10年から14年6月までは浦和でともにプレーした原口からは「『お前がここまで上りつめるとはな』と言われた」と笑った。「(原口)元気らしい。元気は代表では大先輩ですからね。でも、そういうのも懐かしい」。7日のシリア戦を経て、イラン遠征まで約10日間にわたって日本代表の練習と試合を経験する。遅咲きのニューフェイスは生き残るために全力でプレーする。

最終更新:6/5(月) 22:20
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合