ここから本文です

【特集】やっぱりお得!?格安スマホ

6/5(月) 15:05配信

毎日放送

携帯電話の通信費にいくらかけていますか?大手家電量販店の一角などで窓口をよく見かけるようになった「格安スマホ」。本当に安いのか?不便はないのか?よくわからないという方も多いのではないでしょうか?格安スマホのメリット、デメリット、そしてどれだけ安くなるのかを調べました。

家電量販店で広がる売場

「ヨドバシ梅田の携帯電話売場です。au、ソフトバンクなど大手三社のキャリアの売り場も大きいのですが、UQモバイル、Yモバイル、フリーテル、LINEモバイルと、いわゆる格安スマホの売り場もかなり広がってますね」(山中真アナウンサー)

最近よく耳にする「格安スマホ」。どうやらかなり売れているようです。

Q.どれくらい売れている?
「土日で多いときだと、このコーナー全体の数を合わせると200~300件以上の方がご契約されている」(ヨドバシカメラマルチメディア梅田 桑野憲司グループリーダー)
Q.1日200人、300人が格安スマホに?
「その通りです」

この日も、格安スマホを検討しているという人が続々と来店。

Q.どれくらいになりそうですか?
「いまは8000円弱くらいですが、2000円くらいに」(買い物客)

Q.いままでは2人(母・長男)でいくら払っていた?
「2人で2万円弱です」(買い物客)
Q.今後弟も持って3人でいくら?
「3人(母・長男・次男)で6000~7000円」

意外に“ややこしくない”格安スマホ

新しいスマホを買うとなるとお金がかかりますが…

Q.僕はいま大手キャリア携帯電話を使っているので、機種ごと買い替えればばいい?
「そうですね」(ヨドバシカメラマルチメディア梅田 桑野憲司グループリーダー)
Q.これ(いま使っているスマホ)は使えない?
「お持ちの携帯電話も契約することで、格安スマホとして使える」
Q.この機種をそのまま格安スマホにすることができる?
「はい、できます。中に入っているSIMカードを対応した格安SIMに契約すれば…」

実際にSIMカードを見せてもらいました。出てきたのは、小さなICチップです。

SIMカードにはその人の料金プランなどの情報が集約されています。このカードを格安プランのものに変えることで、いま使っている携帯電話が「格安スマホ」に変わるのだというのです。電話番号はそのまま使うことが可能です。

Q.カミさんに「格安スマホにしたら?」って言うと「面倒くさい」とか「ややこしそう」ってたぶん言うと思うんですけど…実際面倒くさいんですか?
「そんなことは全くないです。ややこしいというイメージはみなさん持たれてるんですけど、明瞭な料金プランばかりですので」(桑野憲司グループリーダー)

はじめに月々のデータ通信料を決めてしまえば、あとは通話した分だけが上乗せされます。確かにシンプルです。

1/3ページ

最終更新:7/20(木) 16:50
毎日放送