ここから本文です

サウジ主導で中東4カ国がカタールと断交-イランとの緊張巡り

6/5(月) 12:11配信

Bloomberg

サウジアラビアとバーレーン、エジプト、アラブ首長国連邦(UAE)の4カ国は5日、カタールとの外交関係を断絶すると発表した。同国との往来も遮断する。カタールのイランとの関係や、イスラム原理主義組織「ムスリム同胞団」への支援をきっかけに始まった危機が深刻化した。

4カ国はそれぞれ、カタールとの空路と海路の人的往来を停止すると表明。国営サウジ通信によると、サウジはカタールとの国境を閉鎖する。

トランプ米大統領は先の外遊で、サウジを訪れていた。サウジとUAEは中東におけるイランの影響力に対抗するため手を組み、潜在的リスクの排除を目指している。両国はカタールに対し、ムスリム同胞団やハマスなどイスラム過激派組織への支援をやめるよう圧力を加えている。

湾岸専門家でナンヤン理工大学(シンガポール)上級研究員のジェームズ・ドーシー氏は、「サウジとUAEの取り組みは5日、バーレーンとエジプトと共に、カタールとの外交関係断絶へと突き進んだ」と指摘。「2014年の湾岸諸国による失敗した同様の動きを想起させるが、今回はハードルがはるかに高い」と分析した。

ロンドンICEの北海ブレントは一時1.6%高の1バレル=50.74ドルを付けた後、上げ幅を縮小し、シンガポール時間午前11時58分(日本時間午後0時58分)現在、1.1%高で推移している。これまでも世界最大の原油輸出国であるサウジとイランの緊張が高まった場合、市場の注目はホルムズ海峡に集まってきた。サウジはカタールがムスリム同胞団や過激派組織「イスラム国」(IS)、国際テロ組織「アルカイダ」など、「地域の不安定化を狙うテロ組織」を支援していることを断交の理由に挙げた。また、サウジ東部やバーレーンで活動する「イランの支援を受けたテロ組織」を支えているとも非難した。

トランプ大統領のサウジ訪問後、国営カタール通信はタミム首長の発言として、米大統領とサウジ国王はイランを世界の主要テロ支援国と名指しし、反イランの機運を醸成していると非難していた。

サウジとバーレーン、UAEの3カ国は駐在のカタール外交官に48時間以内の国外退去を命じた。

原題:Saudi-led Alliance Moves to Isolate Qatar Over Iran Tensions (1)(抜粋)

3段落目以降に背景などを追加して更新します.

Alaa Shahine

最終更新:6/5(月) 14:31
Bloomberg